【殺人も】北海道・帯広農高の教諭が遺体遺棄 殺人の容疑でも再逮捕 「関係に疲れ…」と供述

北海道・帯広市内の雑木林に、元同僚の女性の遺体を埋めて遺棄したとして逮捕された高校教諭の男が、

殺人の疑いでも再逮捕されました。
 
教諭の男は、交際関係のもつれから車のシートベルトで首を絞めて殺したと供述しています。
 
殺人の疑いで再逮捕されたのは、帯広農業高校の教諭片桐朱璃容疑者・35歳です。
 
片桐容疑者は先月30日の午前4時半ごろ、帯広市内の商業施設の駐車場で、

元同僚で北見市の高校教諭宮田麻子さん47歳の首を絞め殺害した疑いがもたれています。
 
片桐容疑者は今月2日、帯広市内の雑木林に宮田さんの遺体を遺棄した疑いで逮捕されていました。
 
警察によりますと、片桐容疑者は調べに対し「宮田さんとの関係に疲れ、車のシートベルトで首を絞めて殺した」と供述していて、

警察は片桐容疑者が、交際関係のもつれから犯行に及んだとみて調べを進めています。