【独自】男子高校生を書類送検 連続不審火「間違いありません」

札幌市手稲区で先月、ごみステーションや枯れ木が相次いで燃やされた事件で、

16歳の男子高校生が書類送検されたことがわかりました。
 
器物損壊の疑いで書類送検されたのは、札幌市手稲区に住む16歳の男子高校生です。
 
捜査関係者によりますと、男子高校生は先月、札幌市手稲区前田のごみステーションや公園の枯れ木に、

ライターで火をつけて焼損させた疑いが持たれています。
 
この火事によるけが人はいませんでしたが、ごみステーションに隣接する大学の塀の一部などが焼けました。
 
事件直後、現場付近には書類送検された男子高校生のほか複数の少年がいて、

少年らに話を聞く中で、男子高校生の関与が浮上したということです。
 
調べに対し、男子高校生は「間違いありません」などと容疑を認めているということです。