【いじめと死亡】因果関係の言及なし 遺族へ最終報告案 旭川市

北海道・旭川市の公園で女子中学生が遺体で見つかった問題で、第三者委員会がきのう遺族側に示した最終報告の案に、

焦点となっていた「いじめと死亡の因果関係」について明確な言及がなかったことが分かりました。
 
旭川市の中学校に通っていた廣瀬爽彩さんは去年3月、市内の公園で凍死した状態で発見されました。
 
第三者委員会は廣瀬さんへのいじめを認定し、死亡の経緯などの調査を進めていましたが、

きのう遺族側に最終報告の案を示しました。
 
関係者によりますと、遺族側に示された案には、焦点となっていた「いじめと死亡の因果関係」について、

明確な言及がなかったことが分かりました。
 
また、最終報告に記載される予定の「学校や市教委の対応」と「再発防止策」については、

盛り込まれていなかったということです。
 
遺族側は、再調査の必要性については「報告書全体の提示を受けてから考えたい」としています。