【学校でのいじめ】盛り込まれず 遺族への最終報告案 旭川いじめ問題

北海道・旭川市の公園で女子中学生が遺体で見つかった問題で、

第三者委員会が遺族側に示した最終報告の案に「学校内でのいじめ」が盛り込まれていなかったことが新たに分かりました。
 
旭川市の中学校に通っていた廣瀬爽彩さんは去年3月、公園で凍死した状態で発見され、

第三者委員会は廣瀬さんへのいじめを認定していました。
 
認定されたのは学校の外でのいじめ行為でしたが、生徒らを対象にしたアンケート調査では、

「仲間外れや無視があった」などの回答があり、遺族側は学校内でのいじめも疑われるとして、意見書を提出していました。
 
関係者によりますと、おととい遺族側に示された最終報告の案には、学校内でのいじめについて盛り込まれていなかったということです。
 
市教委は今月中旬ごろ、最終報告の内容を公表したいとしています。