【最終報告書を公表】旭川いじめ問題 自殺の背景は「不明のまま」

北海道・旭川市の公園で女子中学生が遺体で見つかった問題で、第三者委員会の最終報告書が公表されました。
 
生徒の死の背景にいじめがあったかどうかについて、最終報告書では明言を避けています。
 
(旭川市教育委員会 黒蕨真一教育長)「ご遺族に対し、多大なるご心痛とご負担を与えたことに、心から深くお詫び申し上げます」
 
旭川市教委の黒蕨真一教育長は、最終報告書の公表を受け陳謝しました。
 
旭川市の中学校に通っていた廣瀬爽彩さんは去年3月、公園で凍死した状態で発見されました。
 
最終報告書では、廣瀬さんの死を「自殺」と認定。
 
一方で自殺の背景に、いじめがどの程度関係していたか「明らかにできるほどの情報を得られなかった」として「不明である」と結論づけました。
 
これに対し、遺族側は所見書で「理解に苦しむ内容であるのみならず、無責任とのそしりを免れない」などとして再調査を求めています。
 
遺族側の意向を受け今津寛介市長は、市長直属の第三者委員会を設置して再調査すると表明しました。