【事件直後の映像】「早く救急車を…」男性が刺され死亡 近隣トラブルか 旭川市

北海道・旭川市できのう、32歳の男性がナイフで刺されて死亡し、56歳の男が逮捕された事件で、

男性と男とのあいだには事件当日の午後に、近隣トラブルがあったとみられることがわかりました。
 
事件直後に撮影されたとみられる映像です。
 
車道で倒れている男性が心臓マッサージを受け、緊迫した状況がうかがえます。
 
(撮影者)「首が血だらけになって、うんともすんとも言わない状況で道路に寝ていました。緊迫していて早く救急車来ないかなっていう状況」
 
殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された川口和人容疑者は、きのう午後6時15分ごろ旭川市末広3条7丁目の自宅玄関前で、

付近に住む金沢孝雄さんの首や胸をナイフで複数回刺すなどして、殺害しようとした疑いがもたれています。
 
金沢さんは意識不明の状態で病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。
 
(山﨑記者)「川口容疑者との金沢さんとの間には、事件当日何らかのトラブルがあったとみられています」
 
警察によりますと、2人には面識がなかったということですが、

事件当日の午後に何らかの近隣トラブルがあったとみられることが新たにわかりました。
 
また、金沢さんは夫婦で川口容疑者の自宅を訪れていて、

金沢さんの31歳の妻も背中を複数回刺されましたが、命に別条はないということです。
 
調べに対し川口容疑者は、刺したことは認めているということで、警察は容疑を殺人に切り替えて捜査を進めています。