“動く薬局”登場 北海道初 薬局と発電機能を備えた災害救援車両を導入

北海道内初の「動く薬局」が登場です。
 
道内各地で薬局を展開する札幌の企業が、薬局の機能と発電機能を備えた災害救援車両を導入しました。
 
地震やブラックアウトなどの災害時に稼働します。
 
札幌に本社を置くナカジマ薬局が今月から新たに導入したのは、こちらの「災害救援車」。
 
車内には100を超える薬品を収納できる棚や調剤台、薬品を袋詰めするための機械などが搭載されていて「動く薬局」として災害時に運用します。
 
そのほかにも外部への電力供給が可能な大型の発電機も備えていて、ブラックアウトなどの停電時にスマートフォンの充電などを行うことができます。
 
薬局機能を備えた災害救援車は全国に21台ありますが、道内への導入は今回が初めてです。