【強い殺意か】被害者の男性の子どもと男がトラブル 死因は失血死 旭川・殺人事件

北海道・旭川市でおととい、32歳の男性がナイフで刺されて殺害され、56歳の男が逮捕された事件で、

事件当日の午後、男性の子どもと男がトラブルになっていたことが新たに分かりました。
 
逮捕された旭川市末広3条7丁目の川口和人容疑者は、おととい夜、

自宅玄関前で付近に住む金沢孝雄さんの首や胸をナイフで複数回刺すなどして殺害した疑いがもたれています。
 
関係者によりますと事件当日の午後、金沢さんの子どもが下校途中に川口容疑者とトラブルになり、

金沢さんはトラブルの内容の確認のため、妻と川口容疑者の自宅を訪れていたことが新たに分かりました。
 
妻も背中を複数回刺されましたが、命に別条はありません。
 
警察によりますと、司法解剖の結果、金沢さんの死因は失血死で、

上半身には10か所以上の刺し傷があったことから、川口容疑者に強い殺意があったとみられています。
 
調べに対し川口容疑者は、刺したことは認めているということで、警察は引き続き捜査を進めています。