【重さ100キロ以上】大鏡餅を奉納 豊作や無病息災を祈願 北海道・羽幌町

北海道・羽幌町にある神社では、無病息災などを祈願して、重さが100キロを超える大鏡餅が奉納されました。
 
大人7人がかりで運んできたのは、100キロを超える大きな鏡餅です。
 
きょう、羽幌町にある羽幌神社に奉納したのは「北海道もち米団地農協連絡協議会」などの農業団体です。
 
関係者は、もち米の一大産地となっている留萌地区での農作物の豊作や無病息災を祈願していました。
 
奉納された鏡餅は「きたふくもち」と呼ばれる留萌地区で作られたもち米を使用していて、今月29日まで本殿に供えられるということです。