【北海道屈指の産地】網走湖でワカサギ漁が最盛期 魚の大きさも例年以上と良好

オホーツクの網走湖では、秋のワカサギ漁がピークを迎えています。
 
網からおろされたのは、勢いよく飛び跳ねるワカサギです。
 
北海道内屈指の産地である網走湖では今月上旬から秋の漁が始まり、いまピークを迎えています。
 
今シーズンのワカサギは順調な漁獲量で、大きさも例年以上の8センチと良好だということです。
 
水揚げされたワカサギは、網走市内で佃煮などに加工されて販売されます。
 
秋のワカサギ漁は今月いっぱい行われ、湖が凍りつく来年1月中旬ころからは、

氷に穴をあけて網を仕掛ける氷下引き網漁が始まるということです。