【三つ子のライオンに歓声】「かわいい!」行動制限のない祝日 観光地にぎわう 北海道

きょうは祝日ということもあり、観光客は感染対策をとりながら行動制限がない休日を楽しんでいます。
 
北海道内各地の観光地は賑わいを見せています。
 
木の枝に興味津々の子どものライオン。
 
こちらではお父さんライオンにちょっかいをかけすぎて怒られてしまったようです。
 
寒さ強まる旭川でいま最も熱いスポットが、旭川市の旭山動物園。
 
注目の的は、9月に生まれたばかりの三つ子のライオンです。
 
お母さんライオンにべったり甘える愛らしい姿が訪れる人をとりこにしているのです。
 
(旭川市民)「お母さんとかお父さんと遊んでいるところがかわいかった」
 
(紋別から来た人)「たまらなかった。幸せな気持ちになりました」
 
この人気者たちのおかげで、旭山動物園は今月の来園者数がすでに去年の同時期を上回る盛況ぶり。
 
動物園は手指消毒やマスク着用の呼びかけを徹底しています。
 
こちらも多くの人で賑わいをみせていました。
 
函館朝市です。
 
店先に並ぶのは毛ガニやタラバガニなど新鮮な海産物。
 
「全国旅行支援」を使って訪れた観光客が多く見られました。
 
(東京からの観光客)「極力消毒をこまめにして、家族で来ているのであまりほかの方に接しないように行動したい」
 
(東京からの観光客)「五稜郭を見るのが楽しみ。めちゃめちゃ楽しみです」
 
その言わずと知れた函館の観光名所、五稜郭!
 
エレベーターで展望台に上がり、見えてくるのは美しい星型の城さいです。
 
(大阪からの観光客)「しっかり対策しています。主人がゴールデンカムイと土方歳三が好きで、いつか行ってみたいと思っていたので来ました」
 
かつては戊辰戦争の舞台、さらに人気漫画で描かれた影響で、国の内外から観光客が押し寄せています。
 
しかし感染拡大のさなかとあって、今後クリスマスシーズンの混雑には少し不安もあるといいます。
 
(五稜郭タワー 大場泰郎 営業部長)「コロナ前と比較しても客足は8割から9割まで戻ってきています。

これから12月にかけて函館はイベントが始まりますので、イベントの開催に伴って感染の拡大を心配に思っています」
 
観光客も動物も思い思いに過ごす祝日。
 
行動制限がない中、各地の観光地はにぎわいを見せています。