【しばれて…水道管注意】厳しい寒さ続く 陸別町で-30.4℃

上空に寒気が流れ込んだ影響で、北海道・陸別町ではけさ、氷点下30度を下回る冷え込みとなりました。
 
この厳しい寒さは今週いっぱい続く見込みで、水道管の凍結などに注意が必要です。
 
(小出カメラマン)「日本一寒いまち・陸別町です。けさはしばれる寒さの影響で、このようにジーパンが凍って立っています。カッチカチです」
 
十勝の陸別町ではけさ、氷点下30.4度を観測。
 
今月3度目の氷点下30度以下となりました。
 
釧路からきたというこちらの男性はー
 
(男性)「マイナス30度くらいになると思ったので寒さを体験しにきました」
 
男性は濡れたタオルを振り回し、カチカチになったタオルを写真におさめていました。
 
上空に強烈な寒気が流れ込んだ影響で、道内各地で厳しい寒さとなりました。
 
(石黒記者)「手袋をしていても手が冷えるほど空気が冷たくなっています。現在の気温はマイナス6度を指しています」
 
厳しい寒さは札幌でもー
 
けさは白い息を吐きながらの通勤となりました。
 
きょうの札幌の最低気温は氷点下8.5度。
 
寒さが増す中、気になることといえば…
 
(市民)「水抜きは寝る前には必ずするようにしています」
 
(市民)「水道管が内側にあるので大丈夫だと思うがちょっと怖い」
 
水道管の凍結です。
 
これは2年前に札幌市内で撮影された動画です。
 
すごい勢いで天井から水が落ちてきています。
 
連日の厳しい寒さで上の階の水道管が凍結し、破裂したとみられています。
 
札幌市水道局では、外気温が氷点下4度以下になるときなどが水道凍結に注意と呼びかけています。
 
水道管の凍結を防止するための対策が「水抜き」。
 
やり方を聞いてみました。
 
(札幌市水道局 佐々木翼さん)「こちらが一般的な水抜き栓のモデルになっています」
 
①元栓を閉める
 
まず、水の元栓を閉めます。
 
②蛇口を開く
 
元栓から蛇口までの間にたまった水を抜くため、蛇口を開けます。
 
しかし、それだけでは完全に水が抜けきれないためー
 
③空気を通す栓を開く
 
空気を通すための栓を開きます。
 
すると、水道管の中の水を完全に抜くことができます。
 
水抜きの方法は建物の構造によっても違い、水道局はホームページや公式ユーチューブの解説動画を参考にしてほしいとしています。
 
今月、北見市では凍結した水道管を温めようと使ったガスバーナーの火が燃え広がる火事がありました。
 
もし凍結した場合はどうしたらいいのでしょうか。
 
(札幌市水道局 佐々木翼さん)「解氷作業する場合は、凍っている部分にタオルを巻いて、そちらにお湯をかける作業をしていただきたい。

直接を熱湯をかけたり、バーナーで火をあてたりすると管を損傷する恐れがあるので、絶対そういうことはしないでください」
 
道内では今週いっぱい厳しい寒さが続き、水曜日をピークに平年より5度から10度ほど気温が低くなる見込みで、

引き続き水道管の凍結などに注意が必要です。