ノーカット版 シャチの群れ 流氷に囲まれる 北海道羅臼町

北海道東部・羅臼町の沖合で数頭のシャチが流氷に閉じ込められていることがわかりました。
 
シャチが流氷に囲まれた状態で身動きがとれなくなっているのは、羅臼町海岸町付近の沖合いです。
 
羅臼町によりますと6日午前7時すぎ、地元の観光船の事業者から「シャチが10頭ほど流氷に閉じ込められている」と連絡がありました。
 
シャチはもがくように水中から頭を出して息をしている状態だということです。
 
釧路地方気象台によりますと、5日からの厳しい冷え込みで流氷自体が大きくなり、シャチの通り道がふさがれた可能性があるということです。
 
羅臼町では2005年にもシャチが数頭流氷に閉じ込められたことがありました。
 
そのときは一部のシャチは海に戻っていったということです。
 
閉じ込められているシャチは海岸から1キロほどの場所にいて、岸からもその姿を確認することができたといいます。
 
羅臼海上保安署や町によりますと、沖合いは流氷で覆われているため救出活動は難しく、推移を見守るとしています。(2024年2月7日放送)

関連動画